終活で自らの散骨場所を決定するケースが多発する背景 - 日本国内で散骨を行う場合のマナーとは

終活で自らの散骨場所を決定するケースが多発する背景

日本社会では超高齢化に突入するにあたって、元気なお年寄りの数が増えており、その方々が子供の代に迷惑を掛けまいとして自らの亡くなった後の葬儀や埋葬方法について自分が健康な時に全て決めてしまうことが多くなっています。



これらは終活という言葉でも広く知られていますが、葬儀会社などが開催する終活講座には多くの参加者が来場し、その具体的なプランニングや手法について学ぶ姿が見られます。その中でも関心の高さが顕著なのが散骨というあり方です。



かつては故郷にある先祖代々のお墓に自分の骨も埋葬するといった考え方が一般的でしたが、仕事などの関係で故郷を離れて定住するケースも多く、そうなるとお墓という存在そのものが足かせとなってしまうことも少なくなくなります。


散骨はお墓という一箇所に限定されることなく、自然へと骨を還すことによって自らの魂が自然と一体化するという宗教観や死生観、風習によって成立しています。

つまり遺族においても亡くなった方のことを自然のあらゆる表情に思い出すことができるのです。
ただし、散骨と言っても勝手にどこへでも遺灰や遺骨を撒いていいわけではありません。

私有地には不可ですし、許可がいる場合もあります。

川や海に巻く場合には付近住民への影響も考えなければなりません。



その意味でも、生前のうちに散骨の可能なリストを有している葬儀会社などに相談することで自分が納得できる場所に散骨することをあらかじめ決定しておくことが可能なのです。

このような自身の埋葬方法を自らの手で決定するあり方はこの先、さらに顕著となってくることが予想されます。