散骨を行うことについて - 日本国内で散骨を行う場合のマナーとは

散骨を行うことについて

散骨は、火葬された遺骨をお墓へは納骨せず、細かく砕いて海や山などに撒き、自然に還るための自然葬の1つとされています。

核家族化や少子高齢化といった個人中心の考えが進む現代社会では、お墓に入りそのお墓を代々継承していくことが難しくなり、そのため後継ぎを必要としない永代供養などが登場しました。こうして価値観が変化していく中で、お墓に入らず、海や山、空に遺骨を撒くものも行われるようになりました。



故人様との思い出の場所でお別れがしたい、お墓は必要のないという考えの方など、散骨を希望される方の理由は様々です。散骨を行うメリットとして挙げられるのが、残された方による手作りでオリジナルな温かい葬送ができることです。


費用も抑えられ、お葬式とは違い喪服を着る必要もなく、粉状にした遺骨を持つだけですので、故人様と一緒にゆっくりとした思い出の旅行に行きながら行うことができます。

また、ご自身で散骨することについて、法務省は「節度を持って葬送の一つとして行われる限りは問題はない」と見解を示しているため違法ではありません。自分たちのペースで故人様とお別れができ、思い出の場所に行ってから散骨するかどうか自由に決めることができます。
行う際は、トラブルを引き起こさないためにも周囲の人々の感情を考慮しなくてはなりません。



実際他人の遺骨に対し否定的な感情を持つ方が多くいるため、できるだけ速やかに行い、環境マナーに気を付け、故人様をお送りするという気持ちをはっきりと持つことが大事となっております。