日本国内で散骨を行う場合のマナーとは

main-img

近年は価値観の多様化に伴い、従来型のお墓に埋葬する事を希望しない人が増えています。



最近特に注目を集めている埋葬方法が散骨です。遺骨をパウダー状に砕いてから、自然界に撒くという葬儀の方法です。



日本国内で散骨を行うこと自体は法的に問題がありませんが、陸上で遺骨を撒く場合には地権者の許可が必要なので事実上不可能です。

地方によっては条例で遺骨を陸上に撒くことが禁じられている自治体もあります。地権者の同意を必要としない海洋であれば、散骨を行うことが可能です。

海洋などの自然界に遺骨を撒く際は、人骨であることが判別できないように細かく粉砕しておく必要があります。

もしも粉砕をしないで海洋に遺骨を撒いてしまうと、海流によって人骨がどこかの海岸に漂着する可能性があるからです。


遺骨の粉砕は海洋葬の専門業者に依頼することもできますが、ハンマーがあれば自分で粉砕することも可能です。


日本国内では海岸・港湾施設、漁場・養殖場、船舶の航路以外の場所であれば自由に散骨をすることができます。海洋葬を行う際は届出や手続が不要なので、船を所有している人であれば自分で沖合に出て遺骨を撒くこともできます。船を所有していない人であれば、沖合に出るために船をチャーターする必要があります。
海洋葬専門の業者であれば特に問題はありませんが、釣り船などを利用する際は船主に対して海洋散骨であることを伝えて承諾を得るようにしましょう。



注意すべき点として、他の客も乗船している旅客船の船上から勝手に遺骨を撒く行為はマナー違反です。

1から学ぶ儀式

subpage1

散骨は、人によって、すぐにする方、しばらく手元供養をしてから行う方、お寺に預けてあったものを引き取ってする方や、少量残して行う方など、やり方は人によって違うため、自分の心境によって好きな方法を検討してみることがお勧めです。散骨する際に、まず行わなければいけないのは粉骨です。...

more

初心者向き儀式

subpage2

昔からのお墓に対する意識が年々変わってきてり、最近ではお墓ということにこだわらず「散骨」という埋葬のされ方に興味を持つ人が増えてきました。この方法は火葬した骨を細かく砕いて、海にまいたり山に埋めたりと自然に還すというコンセプトの下、静かに広まりつつありますが、実は日本では30年近く前までは火葬した骨は墓地以外に埋葬してはいけないという法律がありました。...

more

学ぼう儀式の事

subpage3

散骨は、火葬された遺骨をお墓へは納骨せず、細かく砕いて海や山などに撒き、自然に還るための自然葬の1つとされています。核家族化や少子高齢化といった個人中心の考えが進む現代社会では、お墓に入りそのお墓を代々継承していくことが難しくなり、そのため後継ぎを必要としない永代供養などが登場しました。...

more

いまどきの儀式

subpage4

日本社会では超高齢化に突入するにあたって、元気なお年寄りの数が増えており、その方々が子供の代に迷惑を掛けまいとして自らの亡くなった後の葬儀や埋葬方法について自分が健康な時に全て決めてしまうことが多くなっています。これらは終活という言葉でも広く知られていますが、葬儀会社などが開催する終活講座には多くの参加者が来場し、その具体的なプランニングや手法について学ぶ姿が見られます。...

more